プロゴルファーによるゴルフクラブの評価サイト

  1. ドライバーランキング
  2. 161 view

Episodfe A BUDDY GOLF

まじめにクラブ製作に取り組む
姿勢がひしひしと感じられるヘッド

飛距離性能が高いとして密かにマニアの間で有名になりつつあるメーカーのドライバーヘッドである。まだドライバーのヘッド1種類、ウェッジのヘッド1種類(BUDDY(バディ) EPISODE B )とラインナップは少ないもののクオリティを重視して丁寧に作成している。ボディは6-4チタン、フェースはDAT-55Gチタンを採用。ヘッドの販売も全国の信頼おけるプロショップのみに卸しているようである。

反発係数を1つ1つはかり、252CPM以上のヘッドのみを厳選している。そのかいがあってか明らかに飛ばないヘッドは存在しないことは事実のようである。 今回の試打では3つのヘッドを試したが反発係数は全て高い値で安定している。良く飛ぶ部類のヘッドと言ってよいだろう。極端なロースピンの棒球ではなく回転数の安定した弾道でまったりとしたコクをもちながらもその気があればキレのある強弾道も打てる。

セットアップするとヘッドはとても大きく見える。どちらかというと上級者向けヘッドのようだがその類いのものでこれだけ投影面積が大きいのも珍しい。ヒールよりもトゥヒットの方が得意でありスイートスポットも大きめ。概して易しいヘッドである。ただしリアルロフト設定であり元々上がりやすいヘッドではないのでロフト選択には注意が必要である。またボールの捕まりはあまり良くない。

大きなヘッドにしては操作しやすいヘッドである。典型的な洋梨ヘッドで重心距離が長めに感じるが、決して操作しづらいという印象はない。ボールの質は中弾道でありいたってノーマル。ヘッドの挙動でボールの回転を低く抑えたりお辞儀するようなボールを打たせようとする意図は感じられず、スイングなりのボールを忠実に再現出来そうである。

実際にセットアップするととても良く研究されている事がわかる。タイトリストに代表される洋梨型の典型である。打感や挙動も良く似ており、ロフト調節機能などに抵抗のあるプレイヤーが待ち望んでいたオーソドックスなヘッドと言えるだろう。フェース角は忠実に表示データを再現しておりネックからフェースへの移行部の曲線など、プレイヤーに錯覚を起こさせないような配慮も見事である。

ヒールヒットでは比較的硬めでありバキっといった芯を感じる打感で少し打ち出し角が高くなり、反対にトゥヒットでは柔らかく食いつきも良くなり、弾道は低めでフック回転が強くなる。飛距離が出るのは後者の方であり、トゥヒットが好きなプレイヤーには相性が良い。

ロフト次第ではどんなプレイヤーも使える。ボールのあがりにくさと捕まりの悪さから、43m/s以上であれば問題はないだろう。また初級者でも練習量を確保出来る上昇志向の人であればおススメできるだろう。

まずヘッド先端のねじれが大きいシャフトは合わない。捕まりが悪くなり飛距離もロスするからである。どちらかというと少しかっちりしてトルクの少なめのシャフトをおすすめしたい。ちなみに今回の試打シャフトはファイヤーRBとフブキ、ディアマナB60であったがどれも少しヘッドがねじれすぎる印象があった。もう少しTipStiffなシャフトを打ってみたくなったことを報告しておきたい。さらに前述したようにリアルロフト設定であるので決してローロフトで選ばずメーカーに問い合わせをしたうえでの購入がおススメである。

玄人が好む質素さと重厚感を併せ持つデザインで、付き合い程度のゴルファーには何とも素っ気なく感じるだろう。上級者であるほど好感がもてそうである。また同モデルのウェッジのデザインなどもデザインの統一性は素晴らしい。

クラブ性能レーダーチャート

 H/S 42m/s以下の方 H/S 43~46m/sの方 H/S 47m/s以上の方
※飛距離の基準について

※Fitting Mapでは、各要素の◇が縦に一直線に並ぶほどバランスが良い設計とみなされます。

バディゴルフのバディというのは[相棒]という意味である。2人3脚でプレイヤーのゴルフを向上させようと言う理念から名付けられた。その理念のとおりヘッドは丁寧に設計され総合的に高い評価をもたらしている。ヘッドの値段も適正で、1つ1つ厳格な規格審査を経て消費者の元へ届けられる。このヘッドを手にしたからといってすぐに飛距離が大幅に伸びるわけではないだろうが、少なくともOBをクラブのせいにすることはなくなりそうである。今まで大手メーカーのヘッドしか使ったことがない人は是非一度このEpisodeAを打ってみてほしい。日本の中小企業が作成する地クラブのレベルの高さを実感することが出来るだろう。あとはメーカーがユーザークレームなどについてどれだけ真摯に対応できるか、ヘッドの耐久性の如何などが未評価であるが、これからも情報が入り次第サイト上で公開していきたいと思う。

ドライバーランキングの最近記事

  1. 450Tiドライバー マックスソウル

  2. Episodfe A BUDDY GOLF

  3. DOCUS DCD701

  4. テーラーメイド R15 460 ドライバー TM1-115

  5. オノフ 赤 2015 グローブライド

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP