プロゴルファーによるゴルフクラブの評価サイト

  1. ドライバーランキング
  2. 34 view

DOCUS DCD701

圧倒的な飛距離性能をもつ
アナログドライバー


以前から関東地方を中心に、DOCUSの飛距離性能は口コミで静かに噂されていた。実際にRatingGate所属プロ、アマ両方の綿密な試打を繰り返して弾き出された分析としては、衝撃的な飛距離性能の高さと言える。ここ何年か辛口の評価ばかりを提供してきた当サイトの中では随一と言っても良い。イオンプレーティング処理の施されたフェースから弾き出されたボールはヘッドのエネルギーを余すことなく全て託され、ただひたすら乱暴に前へ進む。決してテクニックによって最適化された弾道とはいえない。現代科学を味方につけて物理的に最も効率のよい弾道を目指しているのでもない。ただシンプルに余計な機能を持たせずに形を与えられたヘッドは重心も全て球形に近く、球と球の衝突によりエネルギーを極限までボールに伝達した、そんな感覚のヘッドである。このクラブは間違いなく飛ぶ。ごちゃごちゃと無意味な装飾をほどこして、もはや自然の摂理を無視するかのようなドライバーを次から次へと量産する大手クラブメーカーに対する強烈なメッセージになるやもしれない。

決して初心者向けではない。むしろスイートスポットは今どきの大容量ヘッドにしては狭いと言わざるを得ない。トゥ方向、スイートスポットの上部でヒットには多少寛容なふるまいを見せるものの、ヒール方向へのオフセットヒット時はかなり飛距離をロスする。ゴルフに対する情熱と練習量、そして多少の忍耐力を必要とするヘッドである。

ヘッド自体は少し捕まりが良く右に逃がすような打ち方は苦手であるが、ボールの質は重く直進性が強いイメージである。逆に大きく球を曲げるには少し鋭敏すぎる。破壊力が高い分、細かな動作は苦手なヘッドである。

ヘッドの形状は丸型でディープフェース。いかにも精悍な顔つきだがビギナーでは太刀打ち出来ない重厚な雰囲気をかもし出している。 フェース角はほぼ0度で構えやすくヘッドの座りもよく安定している。ただしヘッドの投影面積は小さめで長尺でセッティングするととたんに難しく感じるだろう。

打感は極端に硬くはないものの、イオンプレーティングの効果もあってガッチリした印象。芯にヒットした時はボールにエネルギーがしっかり乗る感覚を体感出来る。誰でもいつでも真っ直ぐ飛びそうな初心者向けデカヘッドでは味わえないフィーリングと言える。打球音は中?低音であるが乾いた鼓音ではなくどこか湿度の高い重厚なヒット音である

まずヘッドのロフト表示はリアルロフトの表示であることに注意が必要。計測器で計測すると10.5度でも大手メーカーのヘッドの9.5度よりもローロフトであることが多い。上述の飛距離性能を発揮するためにはヘッドスピード43m/s以上は欲しいところである。

シャフトはヘッドの飛距離性能を最大限に活かすために以下の4つを推奨する。ヘッドとシャフトのバランスは繊細であり熟練のクラフトマンに組んでもらったほうが良い結果が出るだろう。例えば、ただでさえ捕まりが良いヘッドなのでシャフトによっては必要以上にフックに差し込まないように注意が必要である。このような微妙な按配を理解している経験が深いクラフトショップでの購入をお勧めする。

1 NSPRO Regio Folmula
高い飛距離性能で注目を集めているシャフト。口コミでも爽快な弾き感が評判になっている。軽さの割にしっかりとボールにエネルギーを伝え飛距離を稼ぐ。少し弾き感に癖があるがDCD701との相性は良い。80t高弾性の割に価格も抑えられている。

2 バシレウス フィアマ
ボールの捕まりがよく、なおかつシャフトの弾きで高い飛距離性能を稼ぐ。DCD701に関してはスライサーでエネルギーが逃げてしまう人向け。

3 ファイヤーエクスプレス RBシリーズ
上記二つのシャフトに比べて単純にヘッドスピードを上げる性能に優れている。シャフトは弾くというよりも素直な動きだがしなり量は多い。ガッチリした感覚ではなくふわりとボールを運ぶ。

4 無双APシリーズ
ジオテック社の販売。飛距離性能も高いがボールを押して運ぶ感覚ももち、初級者から上級者まで扱いやすい。各種雑誌で頻繁に取り上げられ市場の評価が高い。ボールの捕まりがとても良いので頑固なスライサーにおススメ。

DocusのHPを見るとヘッドの全体的なデザインを確認することが出来る。どこか古さを感じるがシンプルで上級者向けのデザインである。ドライバー、FW、UT、パターは全て統一されたカラーとロゴであり、全部揃えればキャディバッグの中は精悍な武器庫に見えるだろう。塗装は丁寧であり粗造ではない。

 H/S 42m/s以下の方 H/S 43~46m/sの方 H/S 47m/s以上の方
※飛距離の基準について

※Fitting Mapでは、各要素の◇が縦に一直線に並ぶほどバランスが良い設計とみなされます。

DOCUSはこれから飛距離アップを目論む全てのゴルファーに頭に入れておいて欲しいヘッドである。とにかく一発当たった時の飛距離は凄まじい破壊力を秘めており、ゴルフ仲間の間で熾烈な飛距離競争を繰り広げているRatingGate読者には是非とも一度試して頂きたい。
ゴルフ業界では全てオートマチックを求める傾向があり、どれだけ同じボールを再現出来るかがクラブの良し悪しの基準となりつつある。しかしながらこのクラブはどちらかというとアナログでユーザーの練習と創意工夫を要するものの、クラブが求める最適なスイング軌道を達成出来た時には最高の結果(飛距離)を約束してくれよう。
オーディオ業界では一世代前の真空管アンプによるキレのある高音と艶のある響が見直されつつあるように、技術の発展というのはそのプロセスの複雑さには全く関係がなく、シンプルであるがゆえに最高の効率を達成することも多い。また微妙な調整(クラブのバランス)の上で初めて性能を発揮できる点も、クラシックなオーディオ機器と類似する性格と言えるのではなかろうか。

ドライバーランキングの最近記事

  1. 450Tiドライバー マックスソウル

  2. Episodfe A BUDDY GOLF

  3. DOCUS DCD701

  4. テーラーメイド R15 460 ドライバー TM1-115

  5. オノフ 赤 2015 グローブライド

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP